リテラシー

リテラシー

高齢者は投資リスクを背負う時間的余裕はあまりない

金融機関が外貨や投信の金融商品を推すのは手数料は取りっぱぐれがない一方、「運用益&リスク」を背負うのは当人です。投資は人的稼ぎと回復時間の望める現役時代が望ましく、時間的ヘッジができないリタイア後は資産保全を優先すべき
リテラシー

子供が小遣い10万もったら貯金させず運用を

小学生入学から大学院卒業まで約20年もあります。「お小遣いは定期にすべき」と刷り込むと、お金のリテラシーが育たない。人的資本が開花する年代は、金融資本にリスクをとれるため、小さくとも運用経験値を積むチャンス。
ファイナンス

リタイア後の公的&企業年金に対する税額はキツい

リタイア後の公的&企業年金に対する税額には要注意!公的年金は受給開始時期で受給額や税額が変わるし、企業年金払いは一括と分割年数で税額が影響をうける。受け取り方による税額・社会保険料等をシミュレーションすべき。
ファイナンス

リタイア準備は、資産棚卸しよりも今後のキャッシュフロー認識

現状の資産状況はすぐに把握できるため、重要なのは今後の収入源、額、その時期、そして税額や社会保険料である。リタイア後は自分でコントロールできないものが多いため、あらかじめ識っておくことが踏み外さないための出発点である。
タイトルとURLをコピーしました