リタイア関連

リタイア関連

ジャネー年数では40歳から定年までの前半20年間の感覚価値は余命価値の8割を占める

ジャネー年数でみると40歳からの20年は残り人生の半分だが感覚価値の8割を占める。50歳から定年までの10年は残り人生の1/3だが、感覚価値の7割を占める。会社で疲弊している場合ではなく、プライベートも楽しみたい。
リタイア関連

60歳からの5年間の感覚価値は、70歳からの7倍?!

ジャネー年数で時間の感覚量をモデル化すると、60歳からの5年間の時間の感覚価値は、70歳からの5年間の7倍にもなる。健康寿命までの価値は85%にも達する。この仮説では、人生の後年は、楽しみは先延ばししてはいけないことが数字で示されている。
リタイア関連

時間の感覚価値は同じではない。ジャネー年数とは?

同じ1年間でも、若い時と年配では、受ける時間価値は大きく異なります。「ある年齢の1年は年齢に反比例する」というジャネー年数という考え方を用いると、その違いを数値化・視覚化でき、リタイア後の持ち時間の価値と配分を考えるのに役立ちます。
ファイナンス

リタイア後の公的&企業年金に対する税額はキツい

リタイア後の公的&企業年金に対する税額には要注意!公的年金は受給開始時期で受給額や税額が変わるし、企業年金払いは一括と分割年数で税額が影響をうける。受け取り方による税額・社会保険料等をシミュレーションすべき。
ファイナンス

リタイア準備は、資産棚卸しよりも今後のキャッシュフロー認識

現状の資産状況はすぐに把握できるため、重要なのは今後の収入源、額、その時期、そして税額や社会保険料である。リタイア後は自分でコントロールできないものが多いため、あらかじめ識っておくことが踏み外さないための出発点である。
リタイア関連

ブログ開始!日本型企業に勤めていては早期のリタイアは難しい

日本型企業はすべてが定年までを前提とした仕組みであるため、年功序列の給与体系、昇格の仕組み、退職金の積立て、退職金の税控除など、給料だけで早期に資産形成することは困難。企業勤めの現役は昇格の限界と生涯賃金を推定し、「不足分」を認識すべし
タイトルとURLをコピーしました